本日 297 人 - 昨日 601 人 - 累計 615151 人
RSS

バイクについて語ろう。

僕らの世代のオッサンは結構速い人が多い。
オンでもオフでもスクーターでさえ、「速さ」を求められていた。
交差点も全力でコーナリングして、信号待ちで隣にバイクが来ると、
戦わざる得なかった。
二輪業界は国内で200万台を売り、景気がよく多種多様なバイクが発売されてた。
原付スクーターでもかなり種類があった。
タクト、タクティ、リード、リーダーとかパッソル、パッソルⅡ、パセッタとか無駄に種類があって、フラッシュ、ビート、ポップギャル、ヴォーカル、ラブⅢ、イブ、薔薇、DJ1、チャンプ、ジョグ、ジャイロ、ジョイ、ストリーム、とか書ききんない位あって、マイケルジャクソンやボルグとか海外の有名人をコマーシャルに使ったりしていた。
いまでは信じられないが。で、既に暴走族の衰退は始まっており、「走り屋」が社会問題になってる時代だった。
有名な峠にはコーナーごとに花が飾られていた。

因みに昨年の二輪車の事故で亡くなってしまった方は4000人弱だったと思う。

今のように400cc以上の限定解除は容易く取れる時代ではなかった。
400も650も750も1000も大して運転の難易度に大差はないのだが、
何故か限定解除はとても難関だった。まあ、「暴走族」や「走り屋」が社会問題になっていて死者や負傷者が多かったので仕方がないんだと思うことにしている。普通の高校は3無い運動をやっており、免許を取ったのが学校にばれると停学になって免許が没収されていた。かなりおかしい状況だったのだが、でも死亡者の減少には確かに役立っていたのも確かだと思う。

水冷の4気筒で250ccのバイクが普通に女の子が所有して走り回ってた。多分景気とかの問題じゃなくてそういう時代はもう来ないと思う。2気筒でも今は十分だからね。
とにかくエンジンは2ストか4気筒でサスはヤマハでいえばモノサス、ホンダでいえばプロリンク、でフルカウルのバイクが人気だった。で、今の状況は?SRやHDや国産アメリカン、スクーター等が人気車種になっている。どこが分かれ目だったのか?

多分、カワサキのゼファー400の登場がきっかけだったと思う。

疲れたので後日に続きます。

綺麗なカミキリやクワガタ、ハチ、戦時中の画像を少々追加しました。
128.jpg125.jpgハチちち20070705.jpgキモンカミキリ20070705.jpgミヤマ20070705.jpg

| 22:34 | 未分類 | コメント(0)
コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):