本日 173 人 - 昨日 354 人 - 累計 703497 人
RSS

淀にて。

約束の時間より、30分早く着く。

どうやら近所に神社があるんで、
ぶらりと行ってみる。

とりあえず建物の壁にフユシャクとか居ないか
チェックするがいない。

そんなことしてたら、地元のちょっと危なそうな
おじいさんに、

いい物見せてやるから付いて来いと言われて、

お願いします!とこたえる。

で、石垣から城跡なのはわかってた。
image

じいさんは足元の小石を拾い
石垣を少し覗き、
image
これは井戸だ。
この穴からさっき拾った石を差し出し、
落としてみ?
と言うんで、そうすると、乾いた音がした。
そんなに深くはないみたい。

淀姫がここで顔を洗ったりしたとか。

それから石垣を指差し、
島津だ。という。
image
確かに。
あと何箇所かある。

なんでだろ?

その後じいさんはは行ってしまったんで、
榎を探して、この環境じゃオオムラサキは無理
だけど、ゴマダラ?
image
image
結構簡単に見つかった。


つづく?

実を言うともっと色んな話を聞いたんだ。
その一部。

おじいさんのお母さんは96歳で亡くなったんだが、
そのお母さんが言うには、付近と言うか、脇を流れる川の
底を掘ると小判が出てきた。

で、古い石垣を2箇所
見て見い!
といふ。

で、言われて気付いた。

少し新しいのと古いのが在るのが、分かりやすかった。

じいさん曰く、石垣の下からも小判が出てきて、
皆が掘り返し、一部石垣が破壊されて、それを補修したから
新しく見えるらしい。

で、神社内に幾つか祠があり、その一つを指差し、
あそこを拝むとええ!

で、おれは
誰を祭ってるの?って尋ねると

わからん。

といふ。

行って見ると明神様でした。
なんだ?と思いながら幾つかの赤い鳥居を
潜ってお参りしてたら、爺さんは居なくなっていた。

それで終われば良かったんだが、
ちょっと移動してたら見かけた。

| 11:31 | 未分類 | コメント(6)
コメント
[6] dx-9 | 2015/02/07 22:10
白帯さん、
遠野物語は佐々木喜善の民話の収集したものを
集めてますね。『平地人を戦慄しめよ』と書いてあるんで、
柳田国男の交友関係からすると文学かもしれませんが、
新しい国学への野望を感じます。何気に地元の方々の話の収集は
重要かと。
[5] 人生白帯 | 2015/02/07 21:40
遠野物語みたいだなぁ~
[4] dx-9 | 2015/02/06 19:14
だんちょうさん、
今度ゴマダラ見つけたら捕獲しますね(≧∇≦)
しかし温暖化?なのに絶滅とわ。
[3] dx-9 | 2015/02/06 19:12
反骨さん、最近ゴマダラも少ないですよね。
神奈川のいつものポイントでは、何十か確認しても、
殆ど大村です。赤星の影響?
[2] だんちょう | 2015/02/06 13:45
ゴマダラも昔は札幌でも見れたみたいだけど、絶滅しちゃったみたい(>_<)
[1] 反骨の昆虫王 | 2015/02/06 11:49
これは突起の数が6本なのでゴマダラチョウの幼虫ですね!
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):