本日 4 人 - 昨日 311 人 - 累計 351537 人 サイトマップ
RSS

蜂の師匠から譲って頂いた。

2016年07月28日
日本製の混ざり物なしの
ハチミツと
スズメバチ酒。
画像

感謝、感謝!
| 21:24 | 未分類 | Comments:2

また山梨。アオカミキリその他

2016年07月24日
カミキリの師匠と恐れ多くもまたご一緒させていただきました。

まず、オオアオカミキリはとてもじゃないが
撮影できない位置にいるんで、
画像
アオカミキリに比べて触覚が長いね。

同じく
画像
スネケブカヒロコバネカミキリ。

移動します。
師匠のマル秘ポイントへ。

画像
いきなりタテスジゴマフカミキリ

画像
謎の甲虫。

画像
この時期の山のアオカミキリ。しかも交尾中。
師匠が余裕で開放!!

画像
これはヒメヨツスジハナカミキリかな?

移動

画像
イッシキキモンカミキリ
これも難しい。(参考画像)

移動、
チョコエッグになったことで有名な
ルリボシカミキリ。

画像
美しい!!

ありがとうございます!
師匠!!
| 21:15 | 未分類 | Comments:2

24万アクセスは俺が貰った!

2016年07月21日
画像

24万アクセスかあ、
感謝申し上げます。
誤植や色々問題ありまして、
なる早で改善致します。

海外からのアクセスもかなりあります。

ありがとうございます。
| 21:10 | 未分類 | Comments:2

ミヤマオオハナムグリとムラサキツヤハナムグリその他。

2016年07月20日
先日、ミヤマオオハナムグリと判断した固体と
昨年5月から飼育しているムラサキツヤハナムグリを並べてみた。
左、ミヤマオオ?右がムラサキツヤ。

画像

点刻??やはり違う。ムラサキツヤにあるU字型のがミヤマオオには無い。色は変異があるみたいだから気にしない。
細かく見ていくとなんか違う。どっちも生きてるんで中々撮影が難しいが。

画像
綺麗だったマルガタハナカミキリ。
雑魚中の雑魚だが、これは素直に綺麗だと思った。

画像
先日、九重のフクチセダカコブヤハズカミキリもゼリーだべるんだね。

その他、アオアシナガハナムグリ、ダイコクコガネのペア、スジクワガタが同じケースに入ってって混沌としている。
| 06:17 | 未分類 | Comments:0

山梨から神奈川へ

2016年07月18日
さて、天気も時期もいいし、オオホソコバネカミキリを探しに山梨へ向かいました。
撃沈でした。
いるはずの木に全くその気配は無く、現地で知り合った学生さんと
場所を変えようということで、移動しました。

途中、花で、
アオアシナガコガネやフタコブハナカミキリ、その他をゲット。
画像
はあ、まあしょうがない。こういう日もある。


で、気になるハナムグリ、
画像
画像
ムラサキツヤだと思ったんですが標高の高い場所のブナの立ち枯れにきてたんで、
ミヤマオオ??
わかりません。

画像
オオトラフハナムグリね。

で、しょうがないから丹沢のイッシキキモンでもさがすか??

画像
参考画像です。

2匹しかいなかった。



画像
ちいさなコメツキ??

画像
カミキリ界のゴキブリ
コバネカミキリ。

画像
ニイジマか?

画像
コガネグモ??

画像
なんだっけ?

画像
カタシロっぽい。

画像
地味系。

画像
謎のちいさな蛾。

画像
かわいいスジクワガタ
とかでした。

今年もおかしいぞ?

青年よまたいこうね!!
| 23:19 | 未分類 | Comments:6

クワガタ虫の良い時期ですね。

2016年07月14日
会社で、クワガタってどんなのがいて、
どうやってみつけるの?
と言われて、思い立って、クワガタ屋さんじゃないけど、
普通に取れそうなのを紹介してく。

多分コクワガタとスジクワガタが関東の平地では多く見られるが、
画像が無い。
5月から12月まで、活動してるのを見たことある。

やっぱりクヌギ、ナラ、クリなんかのブナ科の樹液に多い。
スジクワガタなんかは小さいから樹液のでてる木の隙間なんかに良く隠れて
いる。

あとは夜の灯り付近。

次に多いのはノコギリクワガタかな?
画像
子供にも人気だが、みつけると嬉しい。
小さな顎から大きな顎、
また、黒から赤まで色々なんかにタイプがあって、
地方人気により呼び名があったりする。

残念ながら、成虫で普通は越冬出来ない。
というか、発生する前の年の秋の終わりに、
既に成虫になって、夏に活動を始めるらしい。
9月頃まで見かける。

で、
アカアシクワガタ。
画像
基本、標高の高い場所に多いがたまに
平地でも見かける。
何故かペアで見かける事が多い。
普通種。裏側が兎に角赤い。

んで、人気のミヤマクワガタ。
画像
いろんなタイプがいるのは
ノコギリクワガタに似ている。
平地でも見かけるが、やはり標高のある場所が多いかな?
平地ではクヌギなんか、他のクワガタと同様に樹液に集まるが、
標高の高い場所では、ヤナギなんかにもいる。

画像
凶暴なヒラタクワガタ。
関東では少ないと思う。
コクワガタやノコギリクワガタと同じ感じのとこで、
たまに見かける。

画像
ネブトクワガタも関東では少ない。
モミの樹液に集まると聞いたことがあるが、
見たことない。
ブナ科の樹液や冬場の赤松の倒木で稀に見る。
神奈川県では絶滅のはずだが、いるんじゃないかとも
思う。隣接する東京都で見た事あるんで。

画像
ヒメオオクワガタ。
僕にとっては見つけるのが難しい虫。
ヤナギ、灯火、ブナの立ち枯れで確認。
アカアシクワガタと結構被る。

因みにオオクワガタは野生のは見た事ないわ。

あと、
画像
ツヤハダクワガタは難しい。
ブナ帯だな?

あとお盆過ぎれば、
画像
オニクワガタもでてくるかな?
コレもブナ帯。

まあ、マグソクワガタは知らないが、
この時期、月の出てない湿気のある暑い夜に、
山梨や神奈川や東京なんかの山のLEDじゃない灯り、蛾とか、
色んな虫が集まってる、灯りの周辺を探せば
多分みつかる。金曜日土曜日はライバルが多いから、
平日がお勧めです。

でわ!
| 20:47 | 未分類 | Comments:1

自宅マンションでアケビコノハ発見!

2016年07月11日
画像

杉並区の住宅街なんだが、
以前はマスダクロホシタマムシを見つけて
びっくりしたが、
今回はアケビコノハがいた。
デカイ。

都内でこういう虫を見つけると
嬉しい!!
| 10:39 | 未分類 | Comments:1

ヤマトタマムシとムツボシタマムシの仲間

2016年07月10日
本日、神奈川県の土場にて
ムツボシタマムシ。

画像
アカメガシワの材にいた。

あと普通種なんだが最高に美しい
ヤマトタマムシ。

画像
産卵中です。

画像
徘徊中です。

画像
アップで。

画像
全体で。


タマムシの仲間の撮影は
いつもの、日中シンクロでF22 シャッタースピード250
で撮影すると、なかなか本来の色の出ないんで、
今回は余裕があって、いろいろカメラの設定を変えてみた。

晴天にもかかわらず、感度を800
内臓ストロボを最弱の-5にして、F22はかわらず、
ディフーザーを使用してみたり、内臓ストロボを使わなかったり。

もうちょい試行錯誤が必要かと。
| 18:27 | 未分類 | Comments:1

九州編 一眼レフで撮影。

2016年07月07日
さて仕事の合間に少しだけ虫さがししてきました。
暑いです。

さて、最初はトガリバホソコバネカミキリです。
大分県にて。
交尾個体は同行者が見つけてくれました。


画像
画像
黒いのがオスね。

画像
メスはアシナガバチにそっくり。

画像
オスもなんか寄生する蜂に似てますね。

タンナサワフタギ?だったかな?
の根本が多いですね。

で、
画像
ゴミムシダマシの仲間。
カッコいいですよ!

画像
ミヤマクワガタ

画像
ノコギリクワガタ


画像
マイコガの仲間か?
1センチないです。



画像
で、これ九州にしかいない珍品らしいです。
ヒゲナガクロコガネ
オス
触覚が見事です。





宮崎に入りダイコクコガネを探します。

画像
大きなメス。
つかむとキイキイ鳴きます。
画像
死んでるオス。
生きてるのももちろんゲットですが
写真は撮りませんでした。
ウンコなんで。

画像
あ、大分でフクチセダカコブヤハズカミキリのペアです。


画像
鹿児島でホテル玄関にいたヤガ系?
一応今はここまで。


貴重な情報をくれた皆様に感謝申し上げます。
| 18:14 | 未分類 | Comments:4

ミヤマクワガタ@宮崎県 写メです。

2016年07月07日
画像
大分で灯りに来たミヤマクワガタの♂

他にノコギリクワガタ♂やアカアシクワガタ♀も。

帰宅したらまたアップ致します。
| 08:49 | 未分類 | Comments:1

ダイコクコガネ@宮崎県

2016年07月06日
画像
帰宅したらちゃんと画像のせます。
明後日帰宅して翌日から山梨でイベントに参加します。
| 20:57 | 未分類 | Comments:1

まだ長期出張より帰宅できず、途中経過

2016年07月03日
画像
フクチセダカコブヤハズハミキリ
交尾中

画像
九州トガリバホソコバネカミキリ
交尾中

いずれも大分にて。
| 20:18 | 未分類 | Comments:2