本日 77 人 - 昨日 287 人 - 累計 375998 人 サイトマップ
RSS
画像

一応、神奈川県相模原市にはキイロミヤマカミキリはいない事になってるんだが、とある古い神社にいる。
樹齢うん100年のスダジイがあって、
それが発生源。

神社は下手したら何百年も環境が変わらない
場合があるので、こういう事がある。
孤立した環境なんで、黒化型のエサキオサムシも
いる。
| 21:55 | 未分類 | コメント(2)

近所徘徊

2017年05月27日
天気が微妙で風が強かったんで、
近所の普通種をiPhoneで撮影。

画像
これ、一対の点があるけどベニカミキリだと思う。
ただ、竹じゃなくて、材に飛んで来たのが気になるが、
平地なんで、ただベニと判断。

画像
朴の木を網ですくって、何故か入った。

画像
これも朴の木を網ですくって、何故かヨツキボシカミキリ。

画像
で、フチグロヤツボシカミキリは2匹入った。

画像
セセリチョウも種類が増えてきた。

また来週だね。
| 21:44 | 未分類 | コメント(2)

今年もフタスジカタビロハナカミキリの季節。
昨年同様、虫林花山さんとプロのカメラマンの方と
ご一緒させて頂いた。

昨年は三回通って一匹確認と言う結果で
今回もかなりの苦戦が予想された。

とりあえずポイントに到着して、ヤマシャクヤクを探す。
パッと見、白い花は見当たらない。

画像
画像
途中、ブナの倒木でイワワキセダカコブヤハズカミキを
見つける。少しホッとした。
同行者の方も見つけた。

で、肝心のヤマシャクヤクがぼちぼち見つかり出した。
陽当たりの良い場所では咲いたりしている。

それらを何ヶ所見ると、
画像
いた!
直ぐに同行者を呼んで撮影会。

早くも目的を達成したのだが、
欲が出てきて、花の中にいるところも撮影したい。
で、探す。
画像
直ぐ見つかる。

すると、後尾中を撮影したくなる。
探す。
画像

確かに後尾中だが、 花の中じゃないと
絵になるならない。
で、探す。
画像
また見つかる。
念願の花の中で後尾中の画像だ。

それまでは、見つける度に同行者に
声をかけていたのだが、割りかし簡単に見つかるので
いちいち声をかけなくなった。

ヤマシャクヤクの根っこ付近に
明らかに産卵している個体を見つけた。
画像
ヤマシャクヤクの根っこそのものではなく、
直ぐ近くの木片?みたいなのに産卵していた。
大丈夫なのか?

副産物の
アトコブゴミムシダマシ。
画像

で、散々撮影出来てお腹いっぱいなんで、
場所を変えて、オニヒゲナガコバネカミキリのいる土場へ。


前回は後尾中の個体を撮影出来なかったんで、
是非撮影したい。
土場につくと、赤松の材にいきなりいる。
まあそんなにうじゃうじゃいる訳ではない。
アリモドキカッコウムシはやたらいる。

画像
とりあえず、オニヒゲナガコバネカミキリを撮影。

画像
後尾中もどうにか撮影。

まあ、今日は運が良かったら。
同行者のお二方にも感謝。
| 22:22 | 未分類 | コメント(2)

一眼レフで撮影した画像は近々アップします。

昨年あれだけ彷徨い一匹しか確認出来なかった、
フタスジカタビロハナカミキリは今年はどうだろうか?

とりあえずポイントに到着して、徘徊する。
うーむ、ヤマシャクヤク少ないし、咲いてないわ。

しょうがないんで、ブナ系の倒木を観察する。
画像
イワワキセダカコブヤハズカミキを発見!
これで最低限の言い訳ができる。
同行者も発見。
ちゃんと探せばもっと見つかるかも?

で、本題のフタスジカタビロハナカミキリだが、
ツボミは見かける。
で、
ここで作戦を変える。
陽当たりのいい場所にはあるヤマシャクヤクを
探そう。

で、咲いてる花が見つかり出した。
そして、
画像
一匹発見!
カメラを持った同行者を呼ぶ。
そして撮影会。

で、また?
画像

はい、撮影会!

こうなるともっと絵になる写真が撮りたくなる。
で、
画像
一応後尾中。

絵的に汚い

それからやっとヤマシャクヤクの中で後尾中の
個体を見つけた。
画像

ここまで二時間くらいで10以上見つけてる。
また後尾中のフタスジカタビロハナカミキリを撮影できたと
言うことで、移動。

途中でかっこいいアトコブゴミムシダマシを
見つけた。
画像


次のポイントは前回行った、
オニヒゲナガコバネカミキリのいる赤松のある土場

画像
ハイイロカミキリ

画像
オオゾウムシ。

針葉樹の常連さん。

で、いました、複数
画像

交尾画像も撮影したが、一眼レフでしか
撮影してなかった。
しばしお待ちを。

画像
| 20:14 | 未分類 | コメント(0)

ドウボソカミキリ

2017年05月19日
2017年5月21日
神奈川県相模原市にて。
飛翔している個体を撃墜
画像
アジサイなんかに尽くそうです。
普通種らしいけど。
| 21:34 | 未分類 | コメント(0)

昨年、渡良瀬遊水池で見かけたが、今回は相模川沿い。
普通種らいいのだが、余見かけ無い。
湿地なんかに多いようだ。
画像

この虫のデザインがなんだか日本の虫じゃ無い様な気がして、
好きな虫の一つ

2017年GWに神奈川県相模原市にて。
| 11:57 | 未分類 | コメント(2)

画像
去年に捕獲したミヤマオオハナムグリとムラサキツヤハナムグリとアオアシナガハナムグリとダイコクコガネを同じケースに入れてたら、ダイコクコガネがミヤマオオハナムグリに襲われて死んでしまった。ハナムグリって結構気性が荒いのか?
それから冬を越えて虫のケースを見たら、ミヤマオオハナムグリが活動していた。
そして、ケースの底を見ると何匹が幼虫が見える。まだ蛹になっていないので、
もう一冬必要なのか?
なんの幼虫だろう?
楽しみだわ。
| 20:12 | 未分類 | コメント(2)

最近、iPhoneのカメラの性能も上がり、
虫が居たら一眼レフで撮影した後iPhoneでも撮影してて、
その画像でブログを書いていた。

んで、勿体無いんで、一眼レフで、
最近撮影した画像をアップします。
クリックすると画像が大きくなります。
画像
フチグロヤツボシカミキリ。
ホウノキに独自の細い食痕を残すんで、
それが分かれば見つけ易い。
神奈川県で、だいたい今くらいから、7月頭
まで見られる。
この画像は近所の住宅街にある神社⛩で
撮影。まあ普通種だけど綺麗だから人気がある。

画像
多分オオマルクビヒラタカミキリ
山梨県にて。赤松の材に何匹か付いてた。
茶色のもいた。よく見かける。

画像
マグソクワガタのオス
残念ながら少ないメスはiPhoneでは撮影してない。
神奈川県相模原市にて。

画像
画像
クチキクシヒゲムシ
神奈川県相模原市にて。
上の画像はiPhone。
少ない虫らしい。最初クロコガネだと思って
適当に撮影。
生態は謎が多く良く分かって無いみたい。

画像
ベニボタルの仲間?
わからない。山梨県にて。

画像
ヒラタカメムシの仲間。
山梨県にて。

画像
ハイイロハナカミキリ
赤松の材で。
山梨県にて。

画像
ネジロカミキリ。
タラの木で神奈川県相模原市でも山梨県でも見かけた。
成虫越冬らしく、秋にも見られるらしい。

画像
ゾウムシの仲間。
山梨県にて赤松の材で撮影。

画像
クリストフコトラカミキリ
山梨県にて。
神奈川県で見つけたい。

画像
アリモドキカッコウムシ。
針葉樹の材で見かける。
画像
このアカネカミキリと似てる。
どちらも神奈川県相模原市で撮影。

画像
オニヒゲナガコバネカミキリ
山梨県にて赤松の材で撮影。
複数いた。

GWの撮影は以上

3月に撮影のこの蛾はなんだろ?
画像
神奈川県相模原市にて。
| 20:38 | 未分類 | コメント(1)

画像
クロコガネと思った。

珍しい虫らしいです。
日本ではその生態は解明されてません。
米国では、セミの幼虫に寄生してるようです。

iPhoneで撮影。
後日、一眼レフの画像をアップします。
| 20:41 | 未分類 | コメント(2)

一眼レフで撮影分は後日。

山梨へ行ってきました。
良さげな土場で撮影。
途中、またタラの芽みつけて、
またネジロカミキリ。
画像

で、この土場ですが、
ナラとか赤松とかいい感じにあります。

この時期クヌギやナラの仲間だったら、
クリストフコトラカミキリが見られますが、
到着直後は全く見られませんでした。
まあ、絶対いる環境なんで、待ってると、チラホラ出始め
撮影。
画像
暑すぎ?

で、赤松を観察します。
アリモドキカッコウムシがやならいる。
で、地味な大きな奴を発見。
画像
何匹かいた。

途中、トラフシジミや杉谷?なんかを見かける。

で、また赤松に何かいる。
画像
ハイイロハナカミキリでしょう?
2匹いた。

それから赤松付近を明らかに小さなカミキリが飛んでいる。
画像
オニヒゲナガコバネカミキリでした。
何匹かいました。

もう少し粘りたかったですが、
何せGW

1時半に撤退。

画像
最後の締めは自宅付近のフチグロヤツボシカミキリ。
これから個体数は増えるでしょう。

以上。
| 19:56 | 未分類 | コメント(0)

朝、車で出発しようとするが、バッテリーが上がってて、
かなり出遅れて、近所を探索する事にする。
いつものタラの木
画像
ネジロカミキリ。
画像
アトモンサビ?

で、なんかトンボがいる。
画像
サナエだね。
どうせ、ダビドとかオナガとか?
だと思う。

画像
今年のウスバシロチョウは少ないのか?遅いのか?

画像

いつものフチグロヤツボシカミキリのポイントには食痕が
無く、昨年目をつけていた住宅街の神社⛩を見にいく。
若干食痕が見られる。
いるのは分かったんで、網でガサゴソ。
ちゃんとおりました。
個体数はこれから増えるでしょう。

春の平地の虫探索でした。
| 17:33 | 未分類 | コメント(2)